読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中受ブログ/塾は模試だけで合格させる!プロジェクト

中受に塾は本当に必要なのか?あえて定説に逆らい、塾は模試だけを活用するためのブログ/わが娘の小学校進学を機に、6年後は筑波大附属中学に通わせると固く決意。まずは父自ら入試問題を研究。どうなることやら。 ^^;

2020大学入試改革を受けて、中学受験も変わる!?

 大学入試はどんどん変わる! 

その変化の一つと言えるのが、国立大学の代表格の東大。

その東大がなんと『推薦入試』を導入!!!(今回で2年め)

東大 “推薦入試合格者”女子が38% 一般入試の倍

やはり「推薦」だと、東大でも女子に有利になるんですね。フーム (^^)

2017/02/08 22:17

 

森上教育研究所 / 塾関係者は勿論、中学受験をする人は必ず立ち寄るサイト


中受・算数/H26 筑附の入試問題を解析!!

【解析】筑波大附属中過去問

筑附算数の問題を解くのも、これで3年度分になる!

毎年傾向が酷似しており、これは対策がたてやすいな、と実感。♪(´ε` )

【1】〜【7】は、相変らず、「数の性質」に関わる問題が多い。

【1】計算だが、結合法則を用いて、計算を工夫して解く。毎年出てる。

【2】分数が循環小数となることから、小数第何位が何かを問う問題。頻出だね。

【3】【4】【7】倍数・約数にからむ問題。これも頻出。

【5】整理し、推理しながら、条件に当てはまる整数を見つける問題。毎回出る。

f:id:kemnpass:20170206215849j:plain

 

【8】線分図を使って解く問題。

【9】ニュートン。極めて基本的な問題。27年度のより簡単な問題。

【10】旅人算。これは苦戦した。解けても教えるとなるとさらに難しそう。^^;

【11】簡単。28年度の【10】に比べると、ひねりがない。

f:id:kemnpass:20170206215928j:plain

 

【12】良問。最初とまどった。しかし、落ち着いて考えればデキる。

【13】良問。「線対称の位置だからと垂直二等分線になるよな」などと考えるとかえって難しくなる。自分は恥ずかしながらかなり苦戦。わかってみれば「なんだ〜あ」という問題。

【14】良問に当たるかな。自分的には簡単だったが、底辺と高さがしっかりわからないと三角形の面積はお手上げになる、という頭脳だと苦戦する。「面積を出せ」とはいってなく、「何倍ですか」ときいている問題は、比で処理していけばいい。この手の発想の問題が筑附の算数には本当に多い。

【15】良問だが、自分は苦手。思いつかないケースがいくつか出てきてしまう。まして、入試本番だと・・・。^^;

【16】同じような問題を別年度で解いていたので簡単だった。初めてなら苦戦。^^;

【17】自分には難問。展開図と実際の形との頭の中での変換が困難。これは苦戦

f:id:kemnpass:20170206220005j:plain

 

↓ ノートの番号は【18】【19】の間違いです。(スイマセン)

 簡単。筑附の算数は最後の2問は素直で簡単な問題が多い。確実に得点しよう。^o^

f:id:kemnpass:20170206220048j:plain

H29年度 筑波大学附属中 2月4日(土)合格発表! 

2月4日(土)午後1時発表

f:id:kemnpass:20170204165455j:plain

丸ノ内線茗荷谷駅を下車し、「跡見学園」⇒「御茶の水女子大学南門」を通りすぎると、筑波大学附属中学校の正門へ。途中、合格発表を既に見て折り返す 何組もの親子と行きかう。手にA4封筒を持っているかどうか、いや、それ以前に表情でわかってしまう。気の早い進学塾の人たちが、発表を見に行く人たちに「塾のパンフレット」を手渡していく・・・。お茶の水ゼミナール鉄緑会等々。(ちなみにどちらもBenesseのグループになっているから、Benesse恐るべし〜というところかな)

もう「東大現役合格」をうたい文句にしているよ。(スゲー)

 

合格発表のボードにたどりつく。

すぐそばで、在校生がテニスをしていた。校庭は広い。

私の前に、三人親子(お父さんと姉妹)がいて、ボードをしげしげと見ていた。

父「あ、携帯、忘れた!ママに怒られるよ。ハハ

姉「そりゃ、怒られるね」

妹「いいから写真とれば」

お父さん、携帯は忘れたのに、なぜか大きなカメラはしっかり持っていて、首からぶらさげている。お父さんは、娘(お姉ちゃん)の横顔と発表のボードがうまく写真におさまるように調整を始めた。そして、カシャッ。カシャッ。カシャッ。

何枚か撮ると、お父さんが言った。

「そろそろ、書類もらって帰りますか」 

(やっぱり)

 

帰り道、その三人親子は私の前を歩いていた。

お父さん、背が高い。その横にお姉ちゃんと妹さんが手をつないでピッタリくっついて歩いている。

(きっと、この妹さんも筑附受けるんだろうな。そして受かるんだろうな・・・)

6年後、我が娘もきっと。

その思いをかみしめる 「父」でありました。 (^-^;

平成29年度 筑波大附中入試 2月3日(金)実施!!

【募集人数】 男女 あわせて 約65名

【試験科目】 算国理社のほか、音楽・図画工作・家庭科の学力検査

       および体育の実技検査 

【合格発表】 2月4日(土) 午後1時  校門付近に掲示 

【アクセス】 〒112-0012 文京区大塚1ー9-1

       丸の内線「茗荷谷」徒歩10分 有楽町線護国寺」徒歩8分

中受・算数/H27 筑附の入試問題を解析!!

【解析】筑波大附属中過去問

さあ、次の年度に挑戦だ!

相変わらず、❝結合法則❞を使う問題と、数の性質を扱う問題が多い。

【4】は基本知識。倍数の見分け方を確認しておこう。

【6】は骨のある良問。先頭の分数の分母が6より小さくなるべきことに気づかないと時間がかかってしまう。

f:id:kemnpass:20170203140742j:plain

 

【7】はごくごく基本の「時計算」。

【8】また出ている「重なりあう」部分の面積の問題。

【9】等積変形的な練習を積む必要がある。

f:id:kemnpass:20170203150625j:plain

 

【9】は少しやっかいかな。 【10】は簡単。

【11】は良問。3種類のタイプに分けて考える。

【12】は決して難しいわけではないが、図をよく見て、オル方向を正しく理解しないと、正解にはたどり着けない。

f:id:kemnpass:20170203150833j:plain

 

【14】は自分は苦戦。レゴやっとけばヨカッタ(笑)。

【15】簡単。  【16】普通のニュートン

f:id:kemnpass:20170203151049j:plain

 

f:id:kemnpass:20170203151139j:plain

 

【19】食塩水の濃度の問題。標準的な入れ換えの問題。

f:id:kemnpass:20170203151224j:plain

中受・算数/H28 筑附の入試問題を解析!!

【解析】筑波大附属中過去問

 我が子がから小学生に。気の早いは子供の将来を考えつつ・・・。

 中学校から「いい学校」に入れたいけど、いい教育を受けさせてあげたいけど、あまりお金はなく・・・。

 ということになると、やはり国立しかないのだ!!【結論】

  そして、お金がないということは、塾にもそんなには通わさせてあげられない。

  なれば、自分で教え、自分で入れてあげるのだ。

というわけで、今から6年後をにらみ、着々と準備に余念なく・・・(^^;)

 

まずは、大問【1】

◇筑附は❝結合法則❞が好き

◇3は定番。足してだめなら引いてみる!すると一定の数が不足しているのに気づく

f:id:kemnpass:20170202194600j:plain

 

◇5番は苦戦(恥)。実際の数値を出す必要がないのだ。仮の数値を置く!

f:id:kemnpass:20170202195510j:plain

 

◇8のような地道に整理しながら探すみたいな問題もよくデル。イヤだ(笑)

f:id:kemnpass:20170202195612j:plain

 

ここから大問【2】

◇定番の旅人算の「池」問題。慣れようね。

f:id:kemnpass:20170202195734j:plain

 

◇大問【8】は苦戦。数学の天才曰く、レゴ・ブロックで遊ぶといいらしい (^-^;

f:id:kemnpass:20170202200024j:plain

 

◇ 大問【10】は2問とも難しかった。

重なりあう面積折り曲げるズラす・・・そういう図形の問題が、筑附は好きだということがわかった。

f:id:kemnpass:20170202200151j:plain

 

ついに最後の問題。大問【11】

◇1は気づけば簡単。

◇2は落ち着いて考えられればね。

 でも入試本番のラスト問題で落ち着けるかってーの っ ( `ー´)ノ

f:id:kemnpass:20170202200445j:plain

【名門】国立 筑波大学附属中学/高等学校の外観

f:id:kemnpass:20170202024336j:plain