読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中受ブログ/塾は模試だけで合格させる!プロジェクト

中受に塾は本当に必要なのか?あえて定説に逆らい、塾は模試だけを活用するためのブログ/わが娘の小学校進学を機に、6年後は筑波大附属中学に通わせると固く決意。まずは父自ら入試問題を研究。どうなることやら。 ^^;

H29年度 筑波大学附属中 2月4日(土)合格発表! 

2月4日(土)午後1時発表

f:id:kemnpass:20170204165455j:plain

丸ノ内線茗荷谷駅を下車し、「跡見学園」⇒「御茶の水女子大学南門」を通りすぎると、筑波大学附属中学校の正門へ。途中、合格発表を既に見て折り返す 何組もの親子と行きかう。手にA4封筒を持っているかどうか、いや、それ以前に表情でわかってしまう。気の早い進学塾の人たちが、発表を見に行く人たちに「塾のパンフレット」を手渡していく・・・。お茶の水ゼミナール鉄緑会等々。(ちなみにどちらもBenesseのグループになっているから、Benesse恐るべし〜というところかな)

もう「東大現役合格」をうたい文句にしているよ。(スゲー)

 

合格発表のボードにたどりつく。

すぐそばで、在校生がテニスをしていた。校庭は広い。

私の前に、三人親子(お父さんと姉妹)がいて、ボードをしげしげと見ていた。

父「あ、携帯、忘れた!ママに怒られるよ。ハハ

姉「そりゃ、怒られるね」

妹「いいから写真とれば」

お父さん、携帯は忘れたのに、なぜか大きなカメラはしっかり持っていて、首からぶらさげている。お父さんは、娘(お姉ちゃん)の横顔と発表のボードがうまく写真におさまるように調整を始めた。そして、カシャッ。カシャッ。カシャッ。

何枚か撮ると、お父さんが言った。

「そろそろ、書類もらって帰りますか」 

(やっぱり)

 

帰り道、その三人親子は私の前を歩いていた。

お父さん、背が高い。その横にお姉ちゃんと妹さんが手をつないでピッタリくっついて歩いている。

(きっと、この妹さんも筑附受けるんだろうな。そして受かるんだろうな・・・)

6年後、我が娘もきっと。

その思いをかみしめる 「父」でありました。 (^-^;