中学受験/塾は模試だけで合格させる!プロジェクト

中受に塾は本当に必要なのか?あえて定説に逆らい、塾は模試だけを活用するためのブログ/わが娘の小学校進学を機に、6年後は筑波大附属中学に通わせると固く決意。まずは父自ら入試問題を研究。どうなることやら。 ^^;

中受・理科/H26 筑附の入試問題を解析!!

最近は順調にブログを更新できている。

いい調子だが、いつまで続くことか・・・(笑)

理科はとにかく国語と合わせて50分ということなので、量は少ないし簡単めだが、実際、国語にかかる時間との兼ね合いを考えると、意外にキツイのもかもしれない。

いずれ検証しなくてはならない問題だ。

 

【1】水溶液の性質

(1)ABCD4種類の液体のなかにアルミニウムを入れた反応で、液体を判別する。

アルミニウムをいれただけで溶けたことから、Cはうすい塩酸と判別。正解◎

(2)Bは、温めるとアルミニウムが溶け、蒸発させると白い粉が残ったことから、水酸化ナトリウム水溶液と判明する。となると、ADのどちらかがミョウバンで、どちらかが食塩水となるが、写真の結晶の形で判別することになる。

A:八面体→ミョウバン水溶液

B:立方体→食塩水

が正解。自分は、逆にしてしまった。写真がつぶれていてよく見えなかったが、仮に見えたとしても知識不足で不正解だったと思う。(泣)

 

【2】水・日光と生物の関係

(1)水が生物にとって必要である正しい理由を選択する。

正解は、アイオ。自分はイを選ばなかったため、不正解

ちなみに、イは、

「水は生物に必要な栄養分を体全体に行きわたるようにする」

というもので、それは血液の役割だと考えて選ばなかった。

(2)日光と生物の関わり。適語補充。

①でんぷん ②二酸化炭素 ③酸素 ④呼吸 全問正解◎

 

f:id:kemnpass:20180918141204j:image

 

 【3】気象衛星の雲画像とペットボトルでの実験をからめた問題

(1)適語補充

①空気 ②体積  全問正解◎

(2)適語補充

①内  ②冷た  全問正解◎

(3)ペットボトルの曇り具合からその日の雲画像を選ぶ。

A 2日め  正解◎

 

【4】光電池とモーター

(1)電流の大きさと関わるものは何か

→勢いよく回るのは①、関わるものは「日光の量」 正解◎

(2)光電池の面積とモーターの回り方の関係を調べるには

→①と③を比べる 正解◎

(3)最も勢いよくモーターを回すにはどうすればいいか【記述】

私の解答は、

「ひなたで光電池2個を直列につないで、太陽の光が光電池の面に直角に当たるように置く。」

これは、不正解!!!

どこが不正解だか、わかりますか?

正解は、直列でなく、並列だとのこと。

なんで???

って思い、調べました。

過去問の解説にも理由が見当たらず・・・

そしたら、わかりました。

 

光電池と乾電池は全然性質が違う。

乾電池は定電圧源

光電池は定電流源

なので、光電池は直列につないでも電流は一定で変わらず、並列につないだほうが電流が多くなるとのこと。

なんと、小学校の理科の教科書に実験でのっているとか。国立が教科書内容を逸脱するわけないから、なるほど。

でも、こどもは、乾電池の場合と混乱するでしょ。実際、親戚の中学生に解かせてみたら、やはり乾電池といっしょに考えて、間違えてました。そして、光電池は勉強してないと。ということは、小学校の教科書にとりあげられたのは最近のことなんだろうか。これ、平成26年の問題だけどね。

 

乾電池と光電池の細かい理屈まではよくわからなかったけど、勉強になりました。というわけで、

 

今回の成績は、10問中7問正解でした。(苦笑)