中学受験/塾は模試だけで合格させる!プロジェクト

中受に塾は本当に必要なのか?あえて定説に逆らい、塾は模試だけを活用するためのブログ/わが娘の小学校進学を機に、6年後は筑波大附属中学に通わせると固く決意。まずは父自ら入試問題を研究。どうなることやら。 ^^;

“中学受験”に見る親と子の姿 「中学受験は害悪」という公立小の先生も?

「行事と塾の両立」「担任の無理解」めぐる親の葛藤。 以下、exciteニュース サイゾーウーマン 2018年09月30日 16:00  の記事です。

 

親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

 筆者は長年、中学受験生保護者からの相談を受け続けているが、毎年、この時期になると、「学校行事と塾の優先順位の在り方」について、質問が押し寄せる。運動会や学芸会、合唱コンクールなどの学校行事が立て込んでいる秋~冬だからこそ発生する、こんな悩みだ。

 運動会のダンスの居残り練習をしていると塾には間に合いません……。練習をやらせず、塾に行かせるべきでしょうか?」
「6年生なので、分刻みで動かざるを得ないスケジュールなのに、よりによって委員会の長に選ばれてしまい、放課後の時間を取られてしまう。子どもに『そんなことをやっている時間はない!』と言うべきでしょうか?」

 要は、過去問を粛々とやっていかなければならない6年生の秋~冬、「受験勉強に集中したいのに、それ以外の余計なものに邪魔されて困る」というわけである。

 悩ましいことに、この問題には、担任の先生との関係性も影響してくる。私立小学校、あるいは公立でも中学受験率が非常に高い小学校の場合は、学校全体がそのことを納得しているので、受験組にとっては何かと都合が良いシステムができあがっている。例えば、

受験本番週は児童がほとんど登校してこないのは織り込み済みなので、その週、「留守番部隊」の児童たちは、校内で映画鑑賞をするといった“特別カリキュラム”を組まれる……そんな学校もたくさんあるのだ。 

 しかし、問題はそういう「特別待遇」を善しとしない担任の先生がいた場合だ。たいてい、そういう先生は非常に強固な主張を持っているので、ヘタをすると「中学受験は害悪である」という信念の元、行動してしまうこともある。

 ある先生は、中学受験組に対してだけ、掃除のやり直しを命じてみたり、また別のある先生は“漢字の書き取り”と称して、すでに十分書ける字であっても、50個ずつ書いてくるという“荒行”を宿題として課していたそうだ。

 そのような先生は、多分、中学受験生を受け持った過去になんらかのトラウマを抱えられたのだと筆者は推測している。ただ、先生の立場になってみると、理解できなくもない。団体練習を塾があるからという理由で勝手に休まれたり、授業をバカにする態度を取られ続けると、やはりそこは先生も人間なので、「中学受験にいい顔をしろ!」という方が無理かもしれない。

 また、先生によっては、無駄に物分かりが良すぎる先生もいる。受験直前に“壮行会”と称して、クラスメートから口々に「頑張って!」と言わせたり、無理矢理、決意表明をさせられるという“地獄”が繰り広げられたりもするのだ。ひどいケースになると、クラス全員の前でどの学校を受験するのかを発表させられるので、ナーバスな子にとっては、本当に余計なお世話になるのである。

 中学受験は特に、「全員が合格するわけではない」というデリケートな面を持ち合わせているので、保護者としては、担任の先生がどういうお考えをお持ちなのか、あらかじめ理解しておく必要があるのだ。

 上記のように、悪気がない応援をしてしまう先生には、事前に穏便かつ毅然とお断りするのは保護者の務めであるが、中学受験に理解がない先生の場合であっても、何のコミュニケーションも取らずにいるのはご法度である。中学受験生の親として、学校行事と塾の両立をどう判断すべきか、具体的なケースを例に紹介したい。

 

合唱コンクールの練習を拒否、学校を欠席し続けた女子◇
  学校全体で約1割の児童が受験する小学校に通う友美ちゃん。その学校では、毎年2月に高学年の合唱コンクールを開催しており、1月は各クラスで練習が過熱する。

 朝練は当然、放課後も全員参加での練習と、準備に余念がないそうだが、中学受験組の友美ちゃんのお母さんは、これに大反対。インフルエンザを心配したこともあり、結局、友美ちゃんを年明け早々から休ませ続けたのである。

 ところが、意に反し、友美ちゃんは不本意な結果で受験を終えてしまう。しかも、学校に復帰した時には、友美ちゃんの居場所はすでに失われていたそうだ。友美ちゃんはそのまま学校には行けなくなり、結局、卒業式にも参加しなかったという。

 担任の先生の「卒業年度だからこそ、合唱コンクールも大切ですよ」という言葉を無視しての行動であったため、結果的に先生の協力も得られず、友美ちゃんにとっては6年生の大切な節目の季節が、とてもつらい思い出と化してしまったのだ。

 一方、別の学校ではこういうことがあった。その学校では毎年1月の下旬に、社会科見学を実施しているのだが、翔真君のお母さんは迷わず参加させた。

「インフルエンザを心配して、欠席させる方もいましたけど、かかったら、かかったで仕方ないって腹を括りました。1月受験を失敗してしまった翔真にとっては、気分転換が必要だなって思ったので、参加させたんです」

 結果は大正解。行き先が国会議事堂見学ということで、公民分野にめっぽう弱かった翔真君に火が点き、しかも、本番の試験に「三権分立」の問題が出たらしい。

 翔真君はのちに「あの時、行っといて良かった! お母さん、行かせてくれてありがとう!」と言ったそうだ。

 筆者は「学校行事と塾」というお悩みを寄せてくださる保護者の方々にはこういうふうに答えている。

「中学受験生は学校行事に時間を取られるくらいのことで、成績は落ちたりもしないし、ましてや不合格にもならない」

 小学生には小学生の段階でしか、やれないことがあると思うからだ。筆者の長年の取材では、学校行事で責任ある立場を完遂したり、受験直前まで生活のリズムを崩さなかった子たちの方が、圧倒的に“勝率”が良いという結論も出ている。

 子どものために親として何をすべきかを、強く考えさせられる中学受験。もし、この問題で悩んでいる読者の方がおられるとしたら、ぜひ、小学校生活も受験勉強もどちらもマックスで楽しむという意気込みで立ち向かうことをお勧めしておきたい。
(鳥居りんこ)

 

以上が記事の内容。

ここからは、自分の所見です。

まず、受験の時期の問題。中学受験か高校受験かでいうと、どちらか一方なら自分は中学受験をとる。自分のことを振り返っても、自分の周囲をみても、高校受験のほうが時期として厳しい。第一に、親子の問題。高校受験の中2から中3の時期は普通なら反抗期真っ只中で、親の統率が全くといっていいほどきかない。親に対してだけでなく、大人や社会に対する不信感も絶頂になっている。もし、自分が中学受験でなく高校受験だったら間違いなく、工業高校進学そして中退だ。それを思うと恐ろしい。自分でいうのもなんだが、繊細で頭のいい子ほど、この時期は思春期真っ只中でナーバス、感情が不安定で勉強どころでない。さらにこれに恋愛問題だって絡んでくる。

 次に公立中学との問題。部活動と勉強の両立の問題は、中学受験のときの比でないほどに深刻だ。吹奏楽部とか運動部の大会とか学校全体の名誉までかかる。

 そして、担任の先生の問題。受験学年において、いい担任にあたる確率は、中学受験のときよりいっそう低く、さらに高校受験は内申がかかわるので、中学受験のときより、先生との確執は直接合否に響いてくる。

 だから、結論として、事情が許されるなら、どう考えても中学受験したほうがいいと自分は思う。仮に落ちたとしてもそこから学び取れるものはあるはずだ。

 

 ところで、「受験勉強」と「学校行事」の問題。これは、記事にもあるように、入試本番と前日、前々日くらい以外は、『学校行事優先』でいいに決まっている。自分が小学生のとき、受験だからといって、あからさまに学校行事や宿題の手をぬく子はまずいなかった。宿題は、やれなければやれないで、怒られればそれでよく、それで、なんだかんだ文句言う親も少なかったと思う。実際、自分はよく担任に怒られてたし、怒られて当然だと思ってたし、それが嫌なら受験やめればいいしと、子供ながらに思ってたな。何かをとれば何かを失うということくらい、小学生高学年にもなれば、友達もみなわかってたよ。