2023中学受験/通塾しないで合格させる!プロジェクト

中受に塾は本当に必要なのか?あえて定説に逆らい、塾は模試だけを活用するためのブログ/わが娘(現在は小3)の小学校進学を機に、6年後は筑波大附属中学に通わせると固く決意。まずは父自ら入試問題を研究。どうなることやら。 ^^;

日能研全国公開模試(1月14日)受けてきました!

1月14日(祝日)日能研の全国公開模試を受けてきました!

できばえはまずまずだったようですが、

帰宅後 答え合わせすると、

算数に数え間違いが2か所発覚!!

目から熱いものがぽろぽろ。

(幼稚園のころから、何かと負けると、こうなる・・・(笑))

しかし、親としては、前回のテストくらいから、解答用紙をみる限り、各段の進歩があり、結構満足でした。ほぼ全問きちんと解答している。そして、何より、きちんとした字で書けている。それから、結果のほうも、昨日 妻から聞いた話だと、

「上のクラスに入れてたよ!」

ってことだったので、まず満足かな。

前回の目標が、全国平均超え、

そして、今回の目標が

上のクラス入りの合格だったので、

まず「良し」としています。

子供がテストを受けている間、いつものように入塾説明のようなものがあったのですが、途中退席させてもらい、資料だけいただいてきました。 

        ↓

f:id:kemnpass:20190118182011j:plain

 

以下、気になるところの要点と抜粋・・・

 

PRE合格判定結果レポートより

昨年12月24日に小5対象に実施されたテストなので、その結果から2020年入試の受験生の志望動向が見えてくるとのこと。

 

【女子編】の気になったところ・・・

 

《1月前半》(埼玉入試)

浦和明の星が最も志望者が多く395名。ただ昨年よりは減少。その分、淑徳与野①が増加。

 

《1月後半》(千葉入試)

渋幕①、市川①が昨年を上回る人気。

 

《2月1日》

女子校について

櫻蔭は志望者減。

女子学院は人気維持(233名で2/1で最多)。

雙葉、フェリス、洗足は人気。

◇吉祥女子、頌栄女子、東洋英和A、大妻、香蘭は志望者減。

◇鷗友立教女学院・・は人気。

 

共学校について

渋渋、中大附属は敬遠傾向。

早実、法政大学は人気。

 

《2月2日》

豊島岡は志望者がさらに増加し、人気持続。ただし、平均偏差値が少し下がっているのでチャレンジ層が増加している様相。

渋渋②も難易度のせいか、敬遠傾向。

◇青山学院、国学院久我山が人気。

明大明治①は敬遠傾向。

慶應湘南藤沢は敬遠傾向。横浜初等部からの内進生入学→定員減の影響か。

香蘭女学校②(午後)が315名で、猛烈な人気。

 

《2月3日》

豊島岡②人気。鷗友②は200名で強い人気。

慶應中等部は減少。ただし、平均偏差値は上昇。(チャレンジ層の敬遠)

筑波大附属は人気。公立中高一貫校から切替の影響か。

お茶の水、小石川は志願者減。

 

《2月4日》

豊島岡③は敬遠傾向。

浦和明の星②は107名で人気。第一志望の生徒が多い。

 

ここまで。続きは次回以降で。

ちなみに、日能研は上のクラスの入塾が認められましたが、入りません。(笑)